パワーハラスメント

解雇の撤回を求める交渉を始めてから、上司からはあからさまなパワーハラスメントが行われるようになりました。といっても、暴言を吐かれたり、理不尽なノルマを課せられたということではなく、周囲からの「無視」でした。

まず朝の出勤時に、こちらから「おはよう」と挨拶をしても、返事がありません。聞こえなかったのかと思い、もう一度「おはよう」と言っても、やはりノーリアクションです。上司の顔を見ると、わざとらしく目をそらしています。「あ~これは、嫌がらせが始まったのかな」と。

知人の弁護士からは、「おそらく何らかの嫌がらせがあるよ」と、アドバイスを受けていたので、それほど動揺せずに済みました。といっても、周囲の人たちとまるっきり会話をしないというのも「何か変だな」とは思いましたけど。

とりあえずは淡々と仕事をこなしながら、時々会議室での解雇の撤回のための交渉をしつつ、時間が流れていきました。それにしても、「周囲の無視」というのは、なかなか証拠が残りにくいので、相手(会社)もいろいろ考えているのだなと感心してしまいます。

交渉の際には必ずスマホでやり取りをこっそり録音しておき、証拠を集めるように心がけました。とはいえ、少しずつ少しずつ精神が削られていくのを感じるようになりました。

ちょうど転職のエージェントから良い条件の職場の紹介などが続いたことから、会社に残ることよりも、退職する方が良いのかな?とも思うことが増えてきました。

ただしこちらからは絶対に「辞める」とは言わないことだけは守りました。こちらも交渉時に録音をしている以上、相手も録音している可能性があります。うっかり言質を取られてしまいますと、解雇から自己都合退職に変わってしまうためです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です